いたって普通の中古車なら自動車の買取に出すことで高く売ることもできますが、事故を起こした自動車となると引き受けてもらうだけでも十分と思ってしまうかもしれません。しかし、近年では事故を起こした車であっても一括査定でいくつかの買取会社に査定をしてもらうと、想定以上の高値で買取をしてもらえます。



一般に買取業者に中古車を売却する際、査定にかかる費用は請求されないのが普通です。
その一方で、買い替えでディーラーによる下取りが行われる場合には、ちゃっかり査定費用が盛り込まれていることがあります。
査定手数料は現金で支払うことはなく下取額から引くのが普通ですが、中古車なのだから買取でも下取でも査定は無料だろうなどと思い込んでいると、確認するのを怠りがちですので、査定手数料が必要なのかどうか契約前にあらかじめ確かめておくようにしましょう。
有料だからといって悪いわけではありませんが、知っていれば買取業者の方が有利ということで、ディーラーに価格交渉するネタになります。
自分の車を査定に出すと、どの位の値段がつくのかを大体のところを知りたいなら、使ってみるといいのが、インターネットにつなぐことで利用できる車査定サイトです。しかしながら、車査定サイトの大半において電話番号や住所といった、コアな個人情報の書き込みが査定額を出す必要条件となっております。

そういった点が不安な人は、あまり数はありませんが、そういった個人情報なしでも査定金額を出してくれるサイトもあることはあります。
ですから、そういったサイトを使ってみるのがおすすめです。一括査定会社のサイトごとに一度に申請することができる業者数は違いますが、順序よく進めるためにも一度に多くの業者に申し込めるところがオススメです。しかし、一括査定で提示される査定額というのは、あくまでも基準でしかありません。売買した後にがっかりしないためにも、実車査定とは開きがある場合もあることを衝動的に決めないでください。たとえ車そのものは綺麗でも走行距離が10万キロを超えるとなると、中古車市場では過走行車というカテゴリーになり、一般の中古買取店などで査定してもらっても値段がつけられないなどというケースも多いです。



見えない故障などのリスクを懸念して値付けができないのは、事故車も過走行車も共通しています。そういったケースでは一般の中古車屋ではなく、事故車や多走行、過走行の車の取扱いを専門的に行っている中古車屋に打診するというのもありです。



でなければ下取りを考えるのもありでしょう。

それならディーラーもこれからお客になってくれると考えますから、値段がつく可能性が高くなります。
中古車を購入する際に気になる条件といえば、年式はもちろんですが、走行距離ということになりますよね。一般的に、中古車の走行距離はというと、年間で1万kmくらいと考えていいと思います。
ですから、10年間乗って10万km走行くらいが普通の中古車の走行距離になるということです。
車種によって人気色は違います。
例えばトラックは昔からホワイトが不動の一番人気です。



ところが、他の車種の場合は、ホワイト・ブラック・グレー系が査定額が高い人気色です。
売れている車の色、要するに、大勢から支持されている無難な色が買取においても都合が良いと言えます。

パール系やメタリック系の色になりますと、ソリッド系の色よりも人気が高く、査定額が高いとされています。
メーカー純正の限定色などは、プレミアとして査定額が上がることもあります。
車を買取業者の査定に出したくなったら、査定を一つの業者で行わずに数か所を使うことを考え、洗車と車内の掃除も行なっておき、車検証など必要になる書類はちゃんと用意しておくことです。

それからもう一つ、後から話がもつれるようなことになってはいけないので、事故車で修理歴があることなどは隠すことなく申告しておいてください。また査定額に納得できないならもうその業者に売るのはやめて不満をためることのないようにします。車の査定を受けるときには社外の部品を付けている車は一般的に価値が低くなってしまうので純正の部品に戻すようにしてください。


ただし、純正の部品に戻すのに工事費がかかる場合は、上乗せ額よりも工事費のほうが高くなるため元に戻さずに、そのまま出しちゃったほうがよろしいかと思います。



車を売却する際に、ディーラー下取り依頼と、買取業者に売るのは、どちらがよいのでしょうか。

最近は、一括査定などを駆使して、買取業者に売りに出す人が増加しています。しかし、いつも買取業者の方がいいとは限りません。
一例を挙げると、決算期やお正月のキャンペーンの時などはディーラーに売った方が得になることもあります。