買取にはいくつか書類が必要ですが、その一つが印鑑証明です。
取引には実印を使うので、実印登録している市役所、あるいはその出先機関で2通入手しておきましょう。

近年ではコンビニなどで発行できる場合もありますし、自動発行の機械を設置している役所も増えてきました。


ここで留意するべきは、証明書は一か月以内の発行でなければならないことです。

取得から日数が過ぎた証明書では効果がありません。
今回手放した車はもう何年も乗った車で、ちょうど車検期間も残り少なかったのでとても売れるとは思っていませんでした。そのため、新車を買ったときにタダで引き渡しを済ませてしまったのですが、その少し後で、引き取ってもらった車両がそこそこ高値で店頭に並んでいるのを目撃しました。



それなら、私も車買取会社に査定をお願いして業者に売却した場合の金額を聞いておくべきだったと今になって悔しく思っています。



持っているマイカーの売り方について自分の思いをあげてみました。


車の室内をきれいにそうじしたり洗車をしてよい見た目にしておくことが大事です。走行したキロ数が多いと市場価値が低くなってしまうので、売りたいと希望するなら早いうちに売却することを考慮したほうがいいと思います。



自動車の査定をするときには、スタッドレスタイヤを装着した状態ではなく、冬用ではない標準のタイヤにしておいたほうが良いでしょう。

スタッドレスタイヤはマイナスの査定となってしまうそうです。もし、状態がいい場合はまとめてスタッドレスタイヤも買取を行ってもらえる場合も出てきますが、すり減って溝がない状態になっていると、処分の費用がかかるかもしれません。
車の査定では走った距離が少ない程に査定の額は良くなります。



走行距離が長ければ長いほど車の状態が劣化してしまうからです。とは言っても、走行距離のメーターをいじってしまうとそれは詐欺となってしまうので、走ったものは諦めましょう。これからは車を売りに出すことまで考えて余分な距離を走らないようにした方がいいですね。

車の下取りで気をつけるべき事は、自動車税の還付に関してです。

これについては、販売業者により違うようです。

通常、ちゃんと説明してくれるはずです。
排気量の大きめの車では、数万円になるため、軽視しないべきです。逆に、軽自動車ならば数千円のことですから、大して、気にすることもありません。



車査定のサイトなどを利用して、車を売却したい業者を選出したら、その次は、実際の車を査定する段階に進むのですが、その際、揃えておくべき書類があります。
車検証と自賠責保険証なのですが、所在はすぐに確認できるでしょうか。査定の日時が決まって、そこからバタバタと慌てなくていいように、売却の時に提示が必要な各種書類も一緒にきちんと準備をしておいた方がいいでしょう。
そういった必要書類は、紛失した場合、もう一度発行してもらう必要があるので、気を付けてください。

車を売る場合には車を査定してもらうことが多いでしょう。注意しないといけないことは悪徳業者ではないか注意することです。
頼む前から悪徳業者だと分かっていて利用する方は皆無だと思いますが、安心感を得るためにも確信が持てるところに売るというほうが安心です。